ふたばのグルメ・求人・観光などの旬な情報をお届けするふたばのポータルサイト

.

トップ > 暮らし > ふたばエイト(双葉郡まちづくり協議会) > 一般社団法人 おおくままちづくり公社

一般社団法人 おおくままちづくり公社

一般社団法人 おおくままちづくり公社
イッパンシャダンホウジン オオクママチヅクリコウシャ

TEL:0240-23-7101

住所:福島県双葉郡大熊町下野上清水307番地1(大熊町移住定住支援センター内)

一般社団法人 おおくままちづくり公社
お店情報地図・クーポンメニュー・写真ホットニュースおすすめ情報口コミ・レビュー求人
お店情報
-
#855#854

おおくままちづくり公社は、町土復興計画と連携し、町民が所有している不動産の有効活用のための窓口業務をはじめ、
帰町された住民の地域コミュニティの形成支援や公共施設の管理運営、新たな事業の育成など、
官民連携等を図りながら町と協働し、行政をサポートしていくことを目的に、平成29年10月17日に設立いたしました。


<事業内容>

■不動産利活用支援事業
町内不動産(建物、宅地、農地等)の利活用支援のため、宅建協会の協力を得た空き家空き地バンク事業や、復興に資する土地の利活用を展開します。
東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により避難を余儀なくされている町民等が有する大熊町内の不動産等を有効活用することにより、
町民福祉の向上を図るとともに、町の復興を促進することを目的に実施する事業です。

■ふるさと絆づくり事業
避難先および大熊町内のコミュニティ支援事業を行っています。
それぞれの地で暮らす大熊町民のみなさまが「ゆるく長くつながりを維持」できること、大熊町民のみなさまと『ふるさと大熊町』のつながり維持、
そして『まちづくりに関わることが楽しい!』と町内外の様々な人から大熊町に興味関心を持っていただくことを目的としています。

■移住定住支援事業
大熊町は東日本大震災および原子力災害により一時全町避難を経験しました。しかし2019年に大川原・中屋敷地区の避難指示が解除、そして2022年春には町の中心地の避難指示解除が予定され、今まさに町は大きな転換期を迎えています。
移住定住支援事業では「大熊町移住定住支援センター」を拠点とし、町民の帰還と移住者の定住を促進することを通して賑わいのある新しい大熊町の未来をつくることを目的としています。

<帰忘郷>
おおくままちづくり公社では、震災後10年という節目に
新たなスタートを切るため、会津若松市にある酒蔵さまの協力を受けながら、
大熊町の田んぼで栽培した酒米を用いて日本酒づくりをはじめました。

地元の皆さまをはじめ、現在も県内外で避難生活を続けている皆さま、
さらには大変お世話になった全国の皆さまに対し
「復興に向けて頑張っている大熊の姿」を
日本酒というかたちでお届けしたい。この日本酒を
大熊町の復興のシンボルとして育てていきたい……。

そんな想いのもと実施したクラウドファンディングの専用ページを
ご覧になれます。

クラウドファンディング専用ページ
https://readyfor.jp/projects/ookuma

店舗詳細

店名 一般社団法人 おおくままちづくり公社
住所 福島県双葉郡大熊町下野上清水307番地1(大熊町移住定住支援センター内)
TEL 0240-23-7101
FAX 0240-23-7139
受付時間 9:00~17:45(日、祝日のぞく)
公式サイト https://www.okuma-machizukuri.or.jp/
Instagram https://www.instagram.com/okuma_ijuteiju/?igshid=YmMyMTA2M2Y%3D
Facebook https://www.facebook.com/okumaijuteiju/
Twitter https://twitter.com/machizukuri_okm?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Escreen-name%3Amachizukuri_okm%7Ctwcon%5Es1_c1
ふたばエイトYouTube https://www.youtube.com/channel/UCJJ7aYHgm1xaN4Bz4V5uM_A/about

マップ

↑ページの先頭へ戻る